カテゴリ:未分類( 65 )

公演会場見学

第3回公演の日程が決まりました!
9月25日(日)14:00~
立正大学の教室をお借りして開催します。

昨日会場になる341教室を見学させていただきました。

300名入る階段教室です。
b0120526_1119352.jpg


両横にはモニターも設置されています。
b0120526_1120127.jpg



舞台の広さはこんな感じです。
b0120526_11205779.jpg


b0120526_11211847.jpg


b0120526_11213625.jpg

[PR]
by teamkitayama | 2011-06-08 11:21 | Comments(0)

16日のワークショップ

2011年4月16日(土)大森の文典堂さんのホールをお借りしての
ワークショップです。

今回の指導は黒田志保さん
志保さんといっても男性です。

b0120526_123607.jpg


まずは身体のストレッチ、そしてコミュニケーション力を磨く
様々なカリキュラムをたのしみました。

ワークショップの最後は、二つのグループに分かれて
映画の予告編のようは即興劇の発表です。

第一グループ、タイトルは「疑惑の午後」?

社長婦人と新入社員の道ならぬ恋のゆくえは?・・・

b0120526_12452661.jpg


爆笑!

第二グループ、タイトルは「水戸黄門、おぬしも悪のよう」??

農民を苦しめる悪代官と悪商人、水戸黄門の裁きはいかに!・・・

b0120526_12483770.jpg


疾風(はやて)のお娟(えん)の入浴シーンもバッチリありました。

大爆笑!

チームKITAYAMAからの東北の被災者への希望メッセージです

b0120526_1254621.jpg


がんばろう日本!
[PR]
by teamkitayama | 2011-04-17 12:55 | Comments(0)

劇団の決断

今回の大震災で首都圏も計画停電の影響が大きく出ています。

9月に第3回公演を予定し、準備を進めていました。

しかし、現在の状況では難しい状況になりました。

26日、ワークショップが中止となり、急遽第3回公演をどうしようかというテーマの
会議をすることになりました。

事務局として、会場の事情もあり、難しいのでは・・・・と思っていました。

集まったメンバーは皆そう考えていたのではないでしょうか。

いろいろな意見が出た中で、前回の公演取材で感動して
劇団員になった24歳の女性メンバーから、
チームKITAYAMAの活動は社会的にもとても意義のあることです。
上司も注目しています。活動をとめないでください。
という意見がありました。

その言葉で空気が一変!

そして、経営者から、チームKITAYAMAの存在意義はなんだろうという
問題定義がありました。

今回の震災で、会社の存在意義について社員と真剣に考えることができた。

「会社は経済活動を通して社会貢献をすること」

一時の感傷に浸っているべきではない。
自分のやるべき仕事をやる。

利益を守ることより、何の為に自社があるのかを考えることだ。

自己責任で社員の人生をすべて抱え、日々現実と戦いながら
経営をしている中小企業の経営者ならではの言葉です。

結果、9月にお芝居とは違った形になるかもしれないが
公演は実施しようということになりました。

しかし、自体は流動的です。

5月半ばまで、状況をみて考えます。

被災地のニュースを見ていても、若者の元気に励まされます。

今回の会議も、舞さん、そして大学生のメンバーが参加してくれて
貴重な意見を出してくれました。

こういう若者たちがいていてくれるかぎり、日本は大丈夫!

がんばろう日本!
[PR]
by teamkitayama | 2011-03-27 23:49 | Comments(0)

ワークショップ開始

2011年のワークショップがスタートしました。

b0120526_1083085.jpg


今回のワークショップのインストラクターは、劇団銅鑼の新人女優の福井夏紀さん。

忘年会以来、初めて揃ったメンバーです。
なんだか懐かしさを感します。

b0120526_10112474.jpg


か・か・身体がかた~~い。。バランス悪いなあ。。。

b0120526_10113454.jpg


身体がほぐれて、様々なワークショップを終えた後は
次回公演のテーマさがしのミーティング。

b0120526_10142961.jpg


劇団メンバーの会社を舞台にして、中小企業の抱える課題や方向性を探ります。

「明日はうちもいい会社 パート3」
にご期待下さい。

第3回公演は、今秋始めに予定することになりそうです。
[PR]
by teamkitayama | 2011-02-16 10:18 | Comments(0)

第二回公演報告

第二回公演「はい、奥田製作所。」が無事終了しました。

公演後の感想文も180枚を越え、暖かいお言葉をたくさんいただきました。

当日観劇下さった皆様、公演のため陰で支えてくださった多くの皆様に
感謝いたします。

公演後、赤旗新聞、ジャパンタイムズでも取り上げていただきました。

b0120526_12302720.jpg


ジャパンタイムズ 2010.11.21

b0120526_12315096.jpg


とうとう、チームKITAYAMAは世界デビュー?してしまいました。(^_^;)

公演の様子を写真で少し紹介します。

b0120526_12365376.jpg


「はい、奥田製作所・・・!」の言葉から物語りは始まりました。
b0120526_12381423.jpg


社長が倒れて、二代目の悪戦苦闘が続きます。いろいろな問題が続出!
b0120526_1238316.jpg


果たして社員の気持ちは一つになるのだろうか?
b0120526_12384814.jpg


みんなの心が通じ合って、新しい取り組みが生まれました。
b0120526_1239217.jpg


「はい、奥田製作所・・・!」で物語が終わりました。
さあ!奥田製作所の将来は?
b0120526_12392379.jpg


カーテンコール
b0120526_12394183.jpg


ありがとうございました。
[PR]
by teamkitayama | 2010-12-01 12:33 | Comments(0)

日刊工業新聞記事掲載!

今朝の日刊工業新聞の「産業春秋」に主役の奥田鉄彦さんの記事が載りました。

b0120526_1104579.jpg


鉄彦役を演じる田中正吾さん、
お芝居ではこんな厳しい顔をしていますが、
社員に対しての笑顔はとびっきり優しいんですよ。。

b0120526_1102252.jpg

[PR]
by teamkitayama | 2010-11-12 11:02 | Comments(0)

NHKラジオビタミンで中継!

昨日、NHKラジオビタミンのラジオ中継隊がいくで、
稽古の取材がありました。

急な平日の午前中の中継だったので、集まったのは
竹夫さん、野際さん、山岸さん、重野(すべて役名)でした。

演出助手の愛奈さんも加わってもらい、
白熱した稽古風景の収録ができたのでは。

11:05分からの7分間の中継でしたが、
集合は9:30、そこから一時間半入念なリハーサルでした。

初めての体験で、結構みな緊張。

b0120526_1047454.jpg


中小企業の社長さんたちが集まって、お芝居を頑張っています。
その思いは?
従業員の役をやって気づいたことは?
などなど・・・矢継ぎ早に団長に質問が。。。

公共放送なので、社名は出さず、
でも事後と内容と社長!代表!は必ずいう。
役名とその役柄は。

突然、リハにない質問が来ました。
えっ!(^_^;)

b0120526_10454473.jpg


初めての経験で、ちょっぴり緊張した瞬間でした。

終わってほっとした笑顔です。

b0120526_105352.jpg


リポーターの三須亜紀子さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

参加してくれた皆さん、お疲れ様でした。
[PR]
by teamkitayama | 2010-11-12 10:54 | Comments(0)

7日の稽古

7日の稽古は、なんとあの名優鈴木瑞穂さんが見学に
きてくださいました!
b0120526_9535345.jpg

左から、脚本の田辺素子さん、鈴木瑞穂さん、演出の佐藤文雄さん

鈴木瑞穂さんは通し稽古を見て下さってのお話しの始めに

「舞台を何十年もやっていても、人のことをいうのは
天に向かってつばを吐くようなもので・・・」

と前置きをされて、とても貴重なお話しをしてくださいました。

演劇のプロ中のプロの方が、経験も浅くアマチュアの
私たちに向かってのその言葉は、大変深い言葉だと思いました。

「実るほど頭をたれる稲穂かな」ですね。

鈴木さんのお話の続き

「銅鑼の作品より面白いところもあります。
次回の公演の参考にさせていただきます。

現代の日本語の乱れを憂慮されていました。
早口でしゃべる時は、ゆっくりとしゃべる。
ということは、音の切り方を正確に。
そうしないと、ただの音の羅列だけになる。
日本語は表意文字であるから、
主語と述語、形容詞、副詞の比重の置き方が
間違っている。

「はい、奥田製作所」の芝居は、細かいところまで
気を配らないと観ている人に伝わらない。

もう一つ、大勢が出ている場で、台詞を聞いている
人たちが、その台詞が自分にとって
どういうことなのだろうか、
プラスなのかマイナスなのか、否定なのか肯定なのか、
その反応が無い。無反応。
集団で群像を作るとき、それぞれの反応がはっきりすると
出された問題がくっきりと立体的になる。
反応が鈍いと芝居が生きてこない。

こういうところに注意をしてやるとよい。

間違って堂々と、余り背負い込まずに
楽しんでやってください。」

鈴木さん、とても貴重はお話をありがとうございました。

初めて音響効果も入りました。

b0120526_9553052.jpg

効果の木内拓さん

稽古を始める前のスタッフ紹介

b0120526_957117.jpg

舞台監督の三田直門さん、照明の横田さん、NHKラジオ取材の記者さんのご紹介。

11日午前11時から、
7分間NHKラジオ第一の「ラジオビタミン」の
「ラジビタ中継隊が行く!」の生放送があります。
チームKITAYAMAの稽古風景の生中継です。
乞うご期待!
 b>

団員に軽い緊張感が走っています。
b0120526_9593256.jpg
b0120526_9594394.jpg


衣装も整い始め、結構様になってきました。

稽古風景をパチリ♪
b0120526_101878.jpg


通し稽古を二回、緊張感が走りました。

さあ、10日から連日の稽古が続きます。

公演まで、あと5日!

[PR]
by teamkitayama | 2010-11-09 10:02 | Comments(0)

朝日新聞に掲載!

2010年11月1日、朝日新聞都内版に「はい、奥田製作所」の公演の記事が載りました。
http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000001011010003

b0120526_14565834.jpg


b0120526_13273961.jpg


人物相関図もできました!  
b0120526_13284945.jpg


さあ!いよいよ稽古も追い込みです。

がんばりま~~す。 

[PR]
by teamkitayama | 2010-11-01 13:29 | Comments(0)

チラシができました!


b0120526_1923028.jpg


今回は出演者の顔写真も入れました。

b0120526_19231276.jpg


●あらすじ

東京は大田区の町工場。創業者の頑固おやじが倒れ、跡を継いだ息子は
傾きかけた工場を建て直そうと大改革を宣言。だが、従業員は猛反発。
オーイ、誰もついてこないぞ~。
そして、家族は崩壊の危機!?
「何なんだよ、ここは、次から次へと!」
本気と本気がぶつかり合って、さて、奥田製作所、再建なるか?
劇団銅鑼創立35周年記念公演作品を、チームKITAYAMA版に大アレンジ。
ご期待下さい。

稽古の前半戦が終わり、つかの間の夏休みに入ります。

7日の稽古は、出演者が全員集合的場面。

みなの真剣なまなざし・・・
佐藤さんの演出にも熱が入ります。

b0120526_19342015.jpg


と思ったら・・・

誰だ?とちったのは??・・・

b0120526_19351510.jpg


いつも厳しい表情の田中さんの笑顔でした。

最後にみんなで、「がんばるぞ~!」
b0120526_193723.jpg

[PR]
by teamkitayama | 2010-08-08 19:35 | Comments(0)